誰にも聞けない!信用取引のノウハウ

資産管理のために信用取引を活用する

有用性の高さから人気がある信用取引ですが、損失も拡大しやすいため、その運用には細心の注意を払う必要があります。しかし、信用取引の運用を資産管理に徹すれば、システムトレードのように始めるに当たってハードルの高いノウハウを求められるといったこともありません。この点は、信用取引を始める際に意外に誰も教えてはくれないので、知っておくと良いでしょう。
まず、現物買いと併用した両建てによる損失軽減の策として、信用取引の空売りを活用します。株取引では利益を出すことよりも、いかに損失を出さないのかが重要になってくるため、一見無意味のようにも見える反対売買も、長期的な視野から重要な意味を持ってきます。また、長期保有を前提とした銘柄の利益確定をするために、同一銘柄を空売りしておくという手法も将来的に必ず必要になってくるノウハウなので、いつでも行えるように準備しておきましょう。

常識故に聞けない!?信用取引で株主優待を無料取り

あまりにもポピュラーであるため簡単に人には聞けないが、馴染みがない人は全く知らない信用取引の大変有用な運用方法もあります。それは、株主優待をほぼ無料でゲットするというものです。金融市場で無料というと「何かの詐欺なんじゃないのか?」と思う人も多いのですが、これは制度を有効に活用した非常にクリーンな取引であるため、大変人気があります。
やり方としては簡単です。株主優待が欲しい銘柄を権利落ち日よりも前に購入する際、同時に全く同一の銘柄を同じ量だけ空売りしておくのです。こうすれば、権利落ち日が過ぎて株主優待の権利を得た後に株価が落ちても、その変動によって損失が生じることは無くなります。取引に必要な手数料や金利はかかりますが、理論上株主優待を無料で得ることができるのです。誰も教えてくれないことが多い手法ですが、案外周りでは多くの人がやっているかもしれませんよ?